共働き主婦が、40歳までに資産1億円を目指すブログ。

副職や投資で資産1億円目指してます。フルタイムで0歳児育て中。育児漫画も描いてます。

投資が気になる節約好き主婦へ!個人投資家(20代)の私が投資をすすめる理由。

育休中ハイパー暇だったので、より効率的に貯金、資産を増やす方法を考えた結果、お金に働いてもらう(投資)すべきと考えています。投資って、なんだか難しそう、リスクがあるのでは?と考えている主婦の方がこのブログを読んで、投資をやってみようという気になってもらえると嬉しいです。

貯金=節約の考えは捨てるべき。

スーパーで10円安く、光熱費を100円安くするために時間や手間を割くのは非常に非効率と考えています。月30万の支出に対して、この努力で5000円支出を抑えられても、節約で年間60,000円です。

また、「毎月家計簿つけて〇〇貯まりました」という手段が目的化した節約術があります。一時期我が家も、100円単位まで細かく家計簿をつけていたことがありました。毎日レシートとってたり、旦那とラインでやり取りしたり、アプリに入力したり。
毎日地味に手間がかかってました。確かに、細かい支出の抑制にはなりますが、一日缶コーヒー1杯我慢したとて、100円×2人×30日=6,000円です。無駄遣いを抑制して年間72,000円です。かなり強引な計算ですが、毎日我慢したチリツモで年間約130,000円の貯金が増えました。この数字覚えていて下さい。

節約は精神的に後ろ向きなので、結構しんどい。

常に10円、100円単位の金額を意識して生活して、色々我慢して月1万節約できたとしましょう。でも、ふと生活を振り返ったとき、精神的にしんどいです。
嫌いな上司に媚び売って、納期に追われながら一生懸命働いているのに、コーヒー我慢、カフェ我慢とか、コンビニスイーツ我慢とか、ふと、何のために働いているんだかと思うときがありました。日々の小さなご褒美で頑張れるときってありませんか?

そして気付いた、前向きに資産を増やしたほうが楽しい!

もともと興味のあったFXや投資の勉強を産休・育休中にやってみました。試しにドルのFXをやったところ1週間で10,000円リターンがでるというビギナーズラックで非常に調子に乗りました。
節約して10,000円貯金するより、ずっと楽しかったです!もちろん、最初本やブログを読んで勉強したり、口座開設する手間など初期コストはかなりかかりましたが、経済に対する知識もついたのでもったいないと思いません。
そしてブログも開設しました。まだまだ収益化には程遠いですが、何十人、何百人が自分の書いた漫画や記事を読んでくれているという承認要求も満たしてくれます。
ブログ開設もサーバ費用やSEOの勉強などかなり時間とお金がかかっていますが、自分の仕事にも生かせる知識もつけることができています。
投資をするメリットは、貯金が増えるだけではないのです!

実際に前向きに投資した現況は?

株のみについて話をすると2017年11月ごろから少しづつ投資額を増やし、現在400万ほど投資しており、6%程のリターンです。
1年半で240,000円程加速度的に利益が増えています。節約によって年間130,000円ためるより、よっぽど自分のためになるし、面白い。また、一度投資を始めると複利の力で将来的に効率的に資産を増やすことができます。
もちろん、昨年秋に米国Amazon株に手を出して2万の損切りするなど、谷もありましたが、この先数十年に活かせる勉強代と思っています。自分なりの投資術を身に着けることができてきました。
ちなみに、約8割の個人投資家は負けているそうです。みんなすぐにお金持ちになろうとしているから負ける、ゆっくりなら誰でもお金持ちになることができる、、、的な(うろ覚え)バフェット氏の言葉は私の投資方針の基礎となっています。
個人的に2割の勝ち投資家になることは難しくないと思っています。

もちろん節約も大事

稼げても、支出をコントロールしなければ資産はたまりません。ただ、限られた時間とお金を節約だけに向けるのは非常にもったいないと思います。

まとめ

・貯金=節約ではない。貯金=節約+投資
・投資は、最初ちょっと時間と費用は掛かるが、将来にわたって多くのリターンを期待できる。
・投資は、前向きに貯金できる方法。株でもいいしブログでもいい、お金を増やす方法を考えてみる、実践してみることが大事。
・投資をすることで、副次的なメリット(自己成長、知見拡大、承認欲求を満たしてくれる)なども期待できる。

コーヒー1杯我慢した100円で、古本屋で投資の本を購入してみてはいかがでしょうか。

投資をやってみて、向いてないと思えばやめればいいのです。食わず嫌いはもったいないと思います。

 マチの資産運用方法は以下の記事にまとめています。

www.workingmather.com

 

最新の資産状況はこちら。

www.workingmather.com